熱中症とは何か?

nettyuusyou...1

熱中症とは、蒸し暑い環境に置かれることで、
体内の水分や塩分のバランスが大きく崩れることによって、生じる健康障害、
体温の調節ができなくなって、熱が生じる健康障害の総称である。

熱中症の、”中”という言葉はもともと、「当たる」という意味なので、
熱に当たって起こる病気と考えれば、より分かりやすいかもしれない。

当たるという言い方は、食あたりを連想するので、これからの季節は、
突然起こる可能性のある、熱中症に十分注意しなければならない。

蒸し暑さによって起こる他の症状としては、
立ちくらみや脱水などが挙げられる。

これらは厳密に言えば、熱中症とは異なる症状だが、
最近では、これらを含めて熱中症と呼ぶのが通例になっている。

要するに、昔は夏バテと表現されてきたものが、
まとめて熱中症と呼ばれていると考えれば、分かりやすい。

もともと、熱中症は昔からある病気だが、
19世紀から20世紀前半は、鉱山や紡績、または、船内作業など、
非常に限られた場所であったため、一般的な認知度は低かった。

熱中症に対する社会的な関心が高まってきたのは、
高齢者の、熱中症による救急搬送の増加、クラブ活動中の熱中症、
車内に置き去りにされた乳児が熱中症で死亡などの、
ニュースが飛び交った、ここ20年ぐらいのことである。

大気汚染による温室効果を始め、道路の舗装や建築物の熱吸収など、
私たちの周りには、熱中症を発症するリスクが高まっている。

熱中症予防の商品開発も進んでいるが、
それらが使いやすい職場環境であるかどうかも大切だ。

熱中症を、どう効果的に防ぐことができるかどうかに、
私たちの生活水準のレベルが試されていると言っても、過言ではないだろう。

こちらのページでは、熱中症対策についての解説もしているので、
是非とも、併せて読んでいただきたいと思う。
日々の過ごし方が大事な熱中症対策!

コメントを残す